なぜ闇金に騙されてしまった?

なぜ闇金に騙されてしまった?

前の記事の続きです。
なぜ多くの債務者が闇金だと気づかずに闇金からお金を借りてしまうのでしょうか?
真っ当に生きてる人の中には、借りるヤツが悪い、借りた者はちゃんと返せと言って債務者を批判する人がいますがそれは誤りです。
この世の中業者からお金を借りることなんて当たり前のことですから、
多くの債務者は相手がまさか闇金業者だとは気づかないわけです。
闇金だと気付ければ最初から借りるなんてことはしないでしょうから。
話が逸れてしまいましたが、もし仮にあなたの目の前に怖い男たちがやって来て、
借金の契約を結ばされそうになったらどうしますか?
おそらく多くの債務者が「こいつは闇金業者だ」と察知して借りる前に逃げようとするはずです。
しかし逆に真摯で礼儀正しい男が「お金を借りませんか?」と言ってきたらどうしますか?
おそらく多くの債務者が相手が闇金だと気づかないままお金を借りてしまうでしょう。
闇金業者の中には女性を使って契約を結ばせようとする闇金業者もいるので油断はできません。
前の記事でも言いましたが最近の闇金業者は詐欺師的な感じのタイプが増えています。
そのため闇金から借りるつもりはなかったのに借りてしまった人が後を絶ちません。
これは闇金被害を抑えるためにも重要な部分なので、とにかく信用度の低い貸金業者からお金を借りようとしないことです。
例えブラックリストに載っていようと、自己破産した後でも、クレジットカードを使い果たした後でも、
正規の貸金業者からは借りにくいからといって怪しいところから借りてはいけません。
これだけは注意してくださいね!

Related posts

Leave a Comment

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>